Top
卒業

娘がこの3月 中学を卒業する。

親としての義務はこれで果たせた。 やれやれ という感が少し。
もちろん子育てはまだ終わってもいないし
娘の人生を応援していくのもまだまだこれから。

でももはや子どもではない娘と
ある程度の距離を保ちながら となるのだなぁと思うと
べったりと赤ちゃんとくっつきあっていたあの頃が懐かしくって。


上の子たちはいつのまにやら私の手から離れていって
何かがあっても 今や 報告されるだけ に近い。
相談 というのか 話は聴かされたりするけれど
こちらの意見を押し付けることもないし
押し付けたところで聞くこともなく
本人が考える 手助けをするだけ となってきている。

末っ子だった娘も だんだんそんな風になってきてもいる。
それでもまだ 中学生だからということで
今までは親もいろいろと口出しもしてきたんだけど

これからはそれも やめなくちゃなぁ という自戒もこめて
自分自身によく言い聞かせている。
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2009-03-13 16:55 | 日々
<< 手紙 | ページトップ | 反抗期の子どもへ  ラブ・ユー... >>
Skin by setsuna