Top
懐かしの
娘のバレーボールの試合の会場が
たまたま 母校 だった。

始まるまで時間があったので
こっそりと 散策。

b0106627_13183827.jpg


このあたりにはたしかあんなものがあったはずなのに・・・
そういえばここで・・・

などと
想い出がかけめぐるはずが
具体的な何かって ほとんど覚えていなかった^^;

思い出すのは
あの頃の なんだかもやもやとしたような 気持ちだけ。





 
   もしも 十年 時を戻せるのなら 同じ道を選ぶのだろうか
   どれだけこの唄を巻き戻したら 何か聴こえてくるだろうか
   大人になったって 何ひとつわからないよ
                 
                  ~ 一瞬のトワイライト 馬場俊英 ~



(実のところ
 もしも十年 時を戻したとしても
 今とあまり変わらない状況だから

 十年を ン十年と脳内変換して考えるんだけど)


あの頃に時を戻してみても
やり直すこともできないし・・・

娘と重ねてみてもあまりにも時代が違いすぎるかな。



帰り道に車の中で娘が叫ぶ

「今 やりたいことも
なりたいものも
全然ない!

自分がどうしたいのかだって わからないのに。」


進路をそろそろ考えないといけないって時期にたっても
何ひとつ決まらない。



就職活動を始めた長男もこないだ言ってたっけ。
自分がどうしてもここでないといけない!と思うような
会社も業種もないんだけど・・・
でも 決めなくちゃ
漠然としすぎてるから どこかにしぼってみるよ。

って。


センター試験 ちょっとミスった次男も。
理系志望のはずが
滑り止め 文系学部を受けると言いだした。


我が家の特徴なんだろうか?


あのころ 私もそうだった気がするなぁ。
あの学部もいいし・・・
あんな職業も憧れるなぁ。 なんて 思ったっけ


結局なにになりたかったのか。
その夢がかなったのか・・・
今だってなにひとつ わからないんだものなぁ。。。

大人だって 迷い続けてる。





[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2011-01-19 13:38 | 日々
<< Blue Bird | ページトップ | 謹賀新年 >>
Skin by setsuna