Top
穏やかな日々
こんな私も
一生のパートナーとの暮らしを始めて
今日で二十三年になります。


ここのところ
落ち着いてる時間があまりとれなかったけれど
それでも
3人での日々の暮らしは
まぁまぁ それなりに 穏やかで


そうさせてもらえているのは
どんなときも穏やかなあの人のおかげだと
日々 感謝しているわけです。

    


ここのところいろいろとあったので時間もなくって
ランチを一緒に食べてきました。
日曜日なのに お店の中は女性ばかり・・・

b0106627_23392865.jpg



いつもは390円弁当の 夫は
驚いていました。




このところ
人生の終わり について 時々考えるんです。

身近に そういうことが迫っているからかもしれないけれど



大切な人が先に逝く方がいいですか?

大切な人を残して 自分が先に逝く方がいいですか?



残されたらわたしは
一人で生きていけるんだろうか・・・と

身近な人の 心配顔を見ながら
私は悲しくなってしまうんです。


身勝手な僕のわがままも
笑顔にくるんで飲み込んでくれる
空気の様に 穏やかな君だから
そばに居ないと
息苦しくなるのかな

     ~ WHITE DAYS by コブクロ ~



さて


あと 少し
一緒に 時を重ねていけたらいいなと 祈ります。
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2011-10-02 23:47 | 日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://setunaeien.exblog.jp/tb/16380223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ババブログより | ページトップ | キルトな午後。 >>
Skin by setsuna