Top
花子つれづれ
花子とアン

少しせつない展開になっていますね。
花子さんのことは 村岡花子 さんとしてしか知らなかったので
村岡印刷さんが 結婚していたという場面で
え!?っとなって
ネットで検索してしまいました。(笑)

ちかごろはなんでも 検索さえすれば わかることが多いので
便利 ではあるけれど。

わかりすぎてかえってどうなんだろ?ってことも
時にはありますね。

・・・

赤毛のアン のなかでは
アン は 大学の時に付き合っていた 誰だっけ?
名前ももう忘れてしまったけれど
誰かに プロポーズされたのに
なぜか断ってしまい・・・
結局
おさななじみ でもある ギルバートと結婚する
という展開がありましたけれど。

いつもそばにいてくれるひと の存在には
なかなか気づけないものなのでしょうか?





・・・

アン まではいかないけれど
少し 想像の翼を広げるのが好きだったわたしは

同じような展開を想像してみたけれど
幼馴染のなかに ギルバートのような人 は
居ませんでした(笑)


・・・

先日 どこかで 占い をしてもらってきた
と 帰ってきた娘(20歳)がいうには

どうも 結婚相手は
かっこいい人やイケメン ではない と言われたそうです。
(あくまでも ただの 占いですが)
どちらかというと おじさん みたいな感じ
なんやってー と いやそうに 言ってました。

で思いだしたのは
わたしが はじめて結婚相手と出会った時の印象が
お父さん(一般的に)みたいな人やなぁ 
だったこと(笑)。

でも かえって なんだか懐かしいというのか 安心する感じがしたなぁと。。。

娘にもそんな話をして
きっと お父さんみたいな人 と出会うんじゃないのかなと
言っておきました。
(娘は納得できてない 風でしたが)

さて
いつになるのかわからないけれど
娘の 運命の相手 がどんなひとなのか
少し楽しみになってきました。
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2014-07-09 12:03 | 日々 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://setunaeien.exblog.jp/tb/22932770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< リベンジ 台湾 | ページトップ | 最後にeのついたつづりのアン ... >>
Skin by setsuna