Top
思い込み

久しぶりに何も予定がない日曜日。
どこかへ出かけようかなと思っていたら 急の雲行きが怪しくなってきたので
散策はやめて 松柏美術館へ。

「夏から秋へ 誘われる世界」 ~上村松園・松篁・淳之~
ということで 親子孫3代にわたっての 日本画を観てきた。

それが・・・観ている途中で
あれ? 上村松園 って 女性だったんだ と 気が付いたのです。
絵を観てみれば 女性なんだとわかるんだけど
明治時代の画家ということと 松篁・淳之が男性ということで
なんとなく 男性をイメージしてしまっていました。

思い込みって面白いものですね。
絵を観て初めて あぁそうだったと思い出しました。

明治時代に女性が画家を志すということ
それがどんなに大変なことだったんだろうかと思い
きっと意志の強い女性なんだろうなぁと考えてみたけれど

展示された絵からは
女性の優しさとなまめかしさみたいなものを感じ
とても 綺麗なものだと思いました。


絵のことはよくわからないし
日本画もたくさん見たわけでもないので
自分の中では 日本画ってもっと こってりしたもの だと思い込んでいたのです。
あ 金屏風みたいな感じ? (^^;;

昨日観た絵はどれも
やさしくて 少し幻想的で 夢見る感じでした。
これも意外だったこと。

ほんとに何も知らないことばかりです。(笑)
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2006-08-27 22:14 | 日々 | Trackback
トラックバックURL : http://setunaeien.exblog.jp/tb/5568226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Fragile mind | ページトップ | 行きたいところ >>
Skin by setsuna