Top
<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
いのちの根

いのちの根

         相田みつを   

なみだをこらえて
かなしみにたえるとき
ぐちをいわずに
くるしみにたえるとき
いいわけをしないで
だまって批判にたえるとき
いかりをおさえて
じっと屈辱にたえるとき
あなたの眼のいろが
ふかくなり
いのちの根が
ふかくなる

       
・・・


相田さんの言葉と出逢った時
この「いのちの根」 という詩に感動しました。
ちょうどそのころ とても苦しい時期にあって・・・
もういやだ って何もかもを投げ出したくなっていたようなとき。

でもこの言葉で救われた気がして・・・
今は 土の中で根をいっぱいに伸ばしているときなんだと
冬の寒い空の下で
見た目は枯れ果てていても
春の陽射しを待って
一生懸命に生きるんだと


あれから数年。
春の陽射しは・・・ さて 暖かだっただろうか?と
まだ浴びた気もしないけれど ^^;
でもきっと今もまだ 根を伸ばし続けているんだと
自分に言い聞かせてみたりして。


      
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2006-10-23 13:33 | 想い | Trackback
『逢』  日本のこころ

b0106627_13342645.jpgb0106627_13345688.jpg








  日本のこころ
    相 田 みつを ・   入 江 泰 吉
        ~ 書と写真の世界 ~

奈良写真美術館にて


書家・詩人である相田みつさんと 写真家入江泰吉さんのコラボレーション。
相田さんの作品が奈良にくるのは初めてということで
楽しみにしていました。

どちらも 言葉 と 写真 という媒体は違うけれど
“心” を表現してきた人なんだなぁ と感じました。

相田さんの書も入江さんの写真も
それぞれに観ているときでも感動するのだけれど
またそれがふたつ並べられることで それ以上になにかしら感動するものが大きかった。

出逢い について
こころのもちかた について

いろいろと考えることができた。


・・・

在家のまま仏法を学んでいた相田さんのアトリエには
東大寺法華堂の月光菩薩像や中宮寺弥勒菩薩半跏像など 入江さんが撮影したと思われる
写真が飾られていたそうです。

なんていうような説明を読みながら
たとえば
月光菩薩の写真と わたしと月光菩薩 という詩を 同時に観る
なんというぜいたくなことなんだろうかと 嬉しくなってしまいました。

どちらも 派手なところのない おふたり。
ひとつのこと にかける情熱の深さ。
底に流れるものは 共通するのだなぁと 思ったのでした。
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2006-10-23 13:09 | 日々 | Trackback
イルマーレ

b0106627_2114795.jpg



■ 2006年9月 アメリカ

■ 原題 : THE LAKE HOUSE

■ 監督 : アレハンドロ・アグレスティ

■ 出演 : キアヌ・リーヴス
         サンドラ・ブロック

 
■ あらすじなど

2001年に製作された同名の韓国映画を、「スピード」のキアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックの共演でリメイクしたファンタジー・ラブストーリー。
“湖の家”の郵便ポストが取り持つ不思議な恋の行方をロマンチックに綴る。

静かな湖の岸辺に建つガラス張りの一軒家。
ここに住む女医のケイトはシカゴの病院に着任することになり、愛着のあるこの家から引っ越すことに。
彼女は次の住人に自分宛の手紙の転送を頼もうと、郵便受けにメッセージを残した。
一方、建築家のアレックスは子ども時代の懐かしい家族の思い出が詰まった湖の家を買い取り、そこへ引っ越してきた。
彼はそこで郵便受けに奇妙な手紙を発見する。それは、ケイトが残していったあの手紙だった。しかし、この家は長いこと空き家になっていたはず。
不思議に思い、アレックスはケイト宛に返信を送る。
やがて2人は、ケイトが2006年、アレックスが2004年の時代にいることを知るのだったが…。


・・・

イルマーレ リメイク版 観てきました。

わたしとしては あの宝物のような『イルマーレ』を
どうリメイクされるのかがとても気になっていたのだけれど・・・

それなりに まぁ・・・ ^^;
良かったんじゃないでしょうか。

■ 感想など
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2006-10-17 21:19 | MOVIE | Trackback
香り
数日前のこと
玄関の扉を開けようとしたら
お隣の金木犀の香りが
ふわっと 風に乗って飛んできた。

キンモクセイ
甘酸っぱい香りにはいろんな想い出があるけれど・・・


・・・

キンモクセイの花が咲く頃
あなたと出会いましたね。

真面目なきちんとした性格のあなたのこと
大雑把でいい加減な私はちょっと苦手だったけれど
時々話してくれる
お母さんの話
ふるさとの話
お友達の話
そして 初恋の話

堅いだけの人なのかと思っていたら意外とロマンチストだったりして・・・
なぜかしらわたしもいろんなお話を聴いてもらったりしましたね。

甘い香りに ふと 思い出したあなたのこと

想い出は香りとともに・・・ あるのかな
なんて・・・

キンモクセイ と 結びついているのは
小さい頃の遊び場だったお宮さんと あなた。
おかしな組み合わせだなぁって思うけど


あなたの家のキンモクセイ
今年も良い香りを漂わせていたのでしょうか?
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2006-10-17 14:16 | 手紙 | Trackback
永遠に
b0106627_14111836.jpg


9月27日 に KOBUKURO ALL SINGLES BEST がリリースされた。
待ちに待ったシングルベスト盤だ。









その中の一番好きな曲。  

   「永遠(とわ)にともに」


心が今とても穏やかなのはこの日を迎えられた意味を
何よりも尊く感じているから
特別なことなど何もない ただいつもより少し
シャンとした服を着てるだけ 君はとても綺麗だよ

何かといつも忙しく まだまだ想い出は多くないけど
やっとここから踏み出せる未来
始まりの鐘が 今 この街に響き渡る

共に歩き 共に探し 共に笑い 共に誓い
共に感じ 共に選び 共に泣き 共に背負い
共に抱き 共に迷い 共に築き 共に願い
そんな日々を描きながら・・

気づかぬ間に二人 似たもの同士 仕草も笑い顔も
そこに生まれ来る命には何よりも尊い 二つの光りを

ぶつかり合う時も来るさ綺麗なことばかりじゃないだろうから
すべてを君と越えてゆくと決めた
始まりの鐘の音を いつまでも忘れない

共に歩き 共に探し 共に笑い 共に誓い
共に感じ 共に選び 共に泣き 共に背負い
共に抱き 共に迷い 共に築き 共に願い
そんな日々を描きながら・・


偶然という名の運命 そんな出逢いだからこそ
何気ない瞬間を今日からはかけがえのない瞬間に

共に歩き 共に探し 共に笑い 共に誓い
共に感じ 共に選び 共に泣き 共に背負い
共に抱き 共に迷い 共に築き 共に願い
ささやかな幸せが木洩れ日のように
やわらかに降り注ぐ そんな日々を描きながら・・
いつの日も どんなときも





・・・

わたしとコブクロとの出会いは この歌から始まった。
長男が作ってくれたCDに入っていた。
この歌を聴いた瞬間に
涙がとまらなくなって・・・

共に生きると決めた人とは良いことも悪いことも同じタイミングで
共に背負い 共に迷い 共に願い 暮らしてきた。
そして共に笑って・・・

泣くときは ひとりずつ かな? ^^;

そんなこともついつい日々にまぎれて忘れそうになる。
わたしぐらいの年齢になれば そうなんじゃないでしょうか。
共に歩むと決めた瞬間のことなど 忘れ果ててしまう
そのときの気持ちはどこへやら
一緒に暮らすものとして あたりまえのように 一緒にいるのだから

More
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2006-10-02 14:14 | 想い | Trackback
| ページトップ |
Skin by setsuna