Top
<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
サンタのいないクリスマス
今年我が家にはサンタさんが来なかった。
娘が中学生になったからだ。

小学生だった昨年も たぶんサンタが両親だということは
気づいていたとは思う。(だってプレゼントの頼み方が・・・(^^;;  )
それでも 最後かなぁ って思いながら
皆が寝静まるまで待って枕元に。 (夜中の3時ごろ)
現実的な頼みごとをした 兄2人のところにもついでに

笑いながら 「サンタさんが来てくれた~♪」なんて言ってたけど。

今年はもういいよ ってことになって・・・
やれやれ やっとお役御免だなぁと。

娘が生まれたとき もう4歳だった息子に
サンタさんが本当にいるんだと信じさせるために?
ただ寝ているだけの赤ちゃんだった娘にもピンクのぬいぐるみを置いておいた。
大きくなってからも
これは○○ちゃんがサンタさんにもらったぬいぐるみだね って言ってたから
効果絶大だったなぁと 自分を褒めたものだけれど。

今年 サンタの来なかった次のクリスマスの朝。
寂しい・・・
そして
あぁ サンタさんは子どもたちに来ていたのではなく
子どもたちに幸せな気持ちをあげたいと思う私たち両親のもとに訪れていたのだと気づいた。

サンタになりすますことで
満足した気分をもらえてとっても楽しかった。

いつも後から気づくことだけれど
苦労して 大変な思いをして子どもを育てているようなそういう気持ちっていうのは
やはり傲慢なのだ と。

生まれてから 大人になるまでのこの
きらきらした素敵な時間を一緒に過ごさせてもらえる
そのことが 神さまからの贈り物なんだと


・・・

子どもを生んだときに読んだ本に書いてあった。
親孝行は子どもは3歳までに済ませているから
あとから親孝行してもらおうなんて思うな! と。

生まれてすぐは無我夢中だったけれど
それでも なにも考えていないぼ~っとした顔を見ていると
こちらまで幸せな気分にさせてもらえた。
3歳までのあの 何もできない 親がいないと生きられない
その時期が 親にとっても自分の存在感を一番感じられたときなのだと
そう思いながらきたけれど

子どもの存在そのものが 親孝行なんだなぁと・・・
こうして何か機会があるごとに 思い出してはいるのだけれど




それでも
冬休みになり コタツでごろごろと寝てばかりいる子ども達を見ていると
鬼のような気分になってしまう 母 というこの習性みたいなもの
なんとかなりませんでしょうか。

寝顔は可愛いんだけどねぇ・・・
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2006-12-29 15:21 | 日々 | Trackback
名前

スタジオジブリの映画はとても好きです。
なんていうのかなぁ 元気がもらえるから。
中でもすきなのは
『千と千尋の神隠し』

あの映画の中で 私がいちばん意味を見出したのは
『名前』というものの持つ意味 についてでした。
名前 を失くすことで 自分 を失くしてしまうような錯覚に陥ること。
いや たぶん 本当に自分を失くしてしまうのかもしれない。
そして 名前 を取り戻すことで 自分を取り戻した 千尋とハク(ニギハヤミコハクヌシ)

たしか『はてしない物語』の中でも
「虚無」におおわれつつある「ファンタージエン」の女王「おさなごころの君」の
癒しがたい病を治すためには 新しい名前をつけることだった と記憶している。

名前 のもつ意味 って 存在感? みたいなものなのでしょうか。

言葉には魂があるというとおり
名前 が その人(もの?)自身の霊(たましい) そのものを象徴している 
と いえるんじゃないかなぁ と なんとなく考えていましたが。

・・・

先日から 少し心を病んでいるんじゃないかと思われる人の話を
聴くことが重なり
心理学的などうのこうの~ ということで 親子関係を見直す というようなことやら
アダルトチルドレン だという人だとか
すこし ウツ気味 という人だとかを通じて
心の持ち方について 考えてみた。


わたしって 一見 元気そうに見えるのだけれど
(なんにも悩みがなさそうって よく言われます)
でも それなりに頭の中ではいろんなことを考えていて

時々 本だとか聴いた話だとかに 惑わされそうになり・・・
わたしってもしかして? ○○依存症? とか思うことがあります。

そういうとき冷静な夫はいつも言うのです。
「名前に惑わされるな!」と
なにかしらもやもや~っとした症状に名前がつくことで安心する
正体がはっきりする というようなことはあるけれど
でも
本当はそういう 症 なり 病 ではないのに
その名前にくくられることで却ってその症状に陥ってしまうこともあるんだから。

病は気から・・・
自分は違うと思えば その病名に依存しないでいられる と。


深刻な病、症状の人はもちろんその例ではないと思うけれど
わたしのように なんちゃって○○症 になりたがる者にとっては
名前はないほうがいい。。。




でもどのトモダチも必ず言いますねぇ
「△△ちゃん(わたしのこと) 絶対うつ病にはならへんって!!!」

宣言されてもなぁ・・・
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2006-12-15 08:33 | 日々 | Trackback
ツキを呼ぶ魔法の言葉
巷ではやっているらしいという本を
友達が貸してくれた。
『ツキを呼ぶ魔法の言葉』

よく言われることですが
言葉には魂が宿る と。

なにかしら夢を実現したければ
そのことを口に出すように と。

悪い言葉は口に出してはいけない。 とか・・・

そういう今まで聞いたことすべてが含まれたような本でした。
さっそく家族に読むようにとすすめて
そして
ずっといろんなことで悩んでいる友人にもお知らせ。

だって
『ありがとう』と『感謝します』だけで
人生を良い方向に変えることができるなんて。

どうしてもなにかしらがあるとマイナスの方向へも考えてしまうこともある。
でも結局それが マイナスのものを引き寄せてしまうんだと
わかっているのに つい・・・
なかなか改まらないけれど。

こういう本を読んでも信じない という年齢でもなくなってきた子供たちと
一緒にならなんだか実践できそうな気がしている。

ともかく 毎日
「私ってツイテル!」 って言いましょう。
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2006-12-05 21:31 | 日々 | Trackback
| ページトップ |
Skin by setsuna