Top
<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
勉強しろよ

どういうわけか毎日があわただしく過ぎてゆく。
なにがあったというわけでもないのに

春の風が吹いたと思ったら
冷たい風が吹いて
でも 体は明らかに春を感じていて
鼻はぐずぐず 目はシバシバ。

この時期は誰もかれもが体調を崩して
家の中はなんだかボロボロだ (感覚として ですが (^^;  )

ちょっとしたことで病院に入院した息子が
同じ病室の数人の大人の人と どうもいろいろと話しているらしい。
隣の男性の奥様からは どういうわけかとても可愛がられて・・・
退院しちゃったらさびしくなるわぁ なんて言われている。

大きな会社にお勤めしていて仕事であちこち海外を巡ったらしいその男性が
一冊の英語の本を息子に下さって
「勉強しろよ」 と 言ってくださったそうだ。
仕事で海外ばかりだから英語は話せるけれど
基本的なことがわからないから・・・云々・・・ と

たぶん 人間は死ぬまで勉強なんだ って言うような意味のことかなぁ・・・
今 若いうちに しっかり勉強しろ ということなんだと思うけれど

親が言うよりも 先生が言うよりも
きっと 重い言葉 として息子の心に残っただろう。
・・というのはバカな親の希望的観測なのだけれど


人は弱っているときにかけてもらった言葉をきっと忘れはしないと思うのだ。
自分が苦境に立たされているとき 自分が一番大変なとき
そんなときにもらった言葉は
元気な時に聴いたどんなえらい人の講話よりも 心に沁みる。

そんなふうに息子にもいろんな言葉が沁みこんでゆけばいいのになぁと願いつつ・・・


子どもなんて知らない間に大人になってくるものなのだなぁと感じる。
ほんのこの間まで ひとりで歩けなかったのに・・・
それでも かかわりあうすべての人から
いろんなことを教えてもらって成長してゆくのだろうなあと・・・

それがよいことでもわるいことでも
息子の 身 になってゆくのだ。


とてもありがたいことと感謝して。
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2007-02-24 10:45 | 日々 | Trackback
日常

2月10日

娘が熱を出したため 近所の医院に連れて行く。
診察を受けていると先生が
娘の甲状腺の腫れについて聴いてきた。

え? 何の話? と思いつつ 
そういえば以前小児科でも言われて
ここの先生にも指摘され(そのときはまぁよくある話だということだったが)
続くようだったら検査しましょう なんて言われていたのだった。

そんなことはすっかり忘れ果てていた母と娘。
風邪の症状がおさまったら 検査をしてもらうことに・・・

あのころの私って
子どものことなんて見えてなかったのかもしれないなぁ。。。


2月11日

今日は何の日か知ってる?
娘が問うので答えてみた。
なぁんだ 知ってたのか って・・・ そりゃ知ってるでしょ。

しかし建国記念日。
何の日かという説明がなんとも・・・
戦前の紀元節 というのがもとになっているらしい?
父親からは紀元節の話はきいたことがあるけれど私としてはよく知らないし

独立記念日だったり解放記念日だったりではない ということだけは伝えた。
どうも建国された日ということではなく 建国されたということを記念する日なのだそうだ。


子どものころわからないことは親に聞けば何でも答えてもらえると思っていた。
でも今わたしは
いったいどこまで答えてあげられているのだろうか?

勉強不足なのかな・・・と反省。

2月12日

熱が下がったから バレンタインディに友達に配る「友チョコ」とやらを作るんだというので
材料を仕入れに行き クッキーを作る。
5,6人に配るのかと思いきや なんと17人。
3枚ずつ配るとしても51枚。
一枚が大きめのクッキーにしたので予備および家族分を含めて80枚焼くことにした。
久しぶりのお菓子作り。。。
さすがに80枚焼くとなると飽きてはきたけれど
なかなか 楽しかった♪ 形はともかく美味しくできあがったし・・・

また近々に作ってみようかなぁ・・・。
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2007-02-14 08:22 | 日々 | Trackback
| ページトップ |
Skin by setsuna