Top
<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
Congratulations !  ~息子Kへ~

なるべくなら
子どもたちの前途は多難ありますように!
と祈るつもりだったけれど

まずはおめでとう。 

いままで ココ と目指してがんばってきた
君の努力は 親でも脱帽するほどでした。
誰に似たんだろう? と 不思議なほど・・・




うまくいけばいったで
心配は別のところで発生させてしまう 親というものの悪い癖だけれど

君はまだ挫折を知らない。
いまのところ・・・ なんだけど
努力の成果はきちんと表れるから努力し続けるべきだ
と言ってきた言葉とはすこしずれてしまうけれど

本当は少し挫折をして欲しかった という気持ちもある。
いまだ 君は
井の中の蛙大海を知らず の 蛙のまま?
に 外面からは見える。

内面的には それなりにいろんな思いをしてきたのだろうとは思うが
総じて順風満帆でやってきたはずだから
ず~っとここまで上り調子できたのだから
いずれやってくる挫折は それなりに大きく君にのしかかるに違いない。

そのとき
そのときこそが 君の真価が問われるときなのだ
信じられるものは自分だけ
それまでにどれだけ自分を磨いているか
どれだけ心の内を豊かにできているか


・・・

本当に親ばかってこのことだなぁと
うまくいっている子に
何事もそんなにうまくばかりいくはずない と そんな事ばかり考えているなんて


でも
まっすぐ歩いていって欲しい
夢に向かって
くじけそうになっても 敗れそうになっても。




ところで 君の夢って ??
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2008-03-12 15:46 | 手紙
ありがとう

朝から友人がメールをくれた。

FMから流れてきた 大橋卓弥の「ありがとう」を聴いたら
涙がこぼれたの。
あなたのところの おにいちゃんのことを想像して・・・
一度聴いてみて。




大橋卓弥の2nd シングルとして発売予定
大橋卓弥さんの故郷、愛知への思いと
支えてくれた人たちへの感謝の気持ちを託して作曲されたそうです。


親元を離れて上京し何年か経った後の想い のように受け止めました。

まだ家から出て行ってもいない息子のこと
考えるとさびしくはなるけれど
まだまだ これから 多難な前途を乗り越えて
光が見えたら
たぶん この曲のような心境になってくるのではないかと

それはまだまだ先のことで
それまで私たちは
ココで見守るだけなんだろうなぁと
想像していました。






それよりも
いろいろとかかる費用のために今まで以上に頑張らなければならないこと
そのほうが 私にとっては悩みの種でもあるのに・・・
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2008-03-03 10:18 | 日々
卒業

卒業式も終わった。
卒業という名の 新たなるスタートなのだと
祝辞 で何度もいわれていたけれど
今の宙ぶらりんの状態では まだスタートは切れなくて。



卒業証書を代表の生徒がもらうとき
マイクを借りて何かを言いたい生徒は例年言うことになっている。
息子のクラスの代表の生徒は志望校の受験ができなかった子だったけれど
もともと目標ははっきりしていて
それに向かってひたすら走ってきた子だと息子から聞いていた。
その演説のすばらしさに いきなり感動して泣いてしまった。
こういうクラスメート達が息子をいろいろな意味で成長させてくれたのだなぁと
いまさらながら 学校に感謝してみたり
若くしてこの世を去らなくてはならなかった同級生のことを思い出し
胸を痛めたり

桜咲く 春がくるまでは まだしばらくいろんなことで
涙することも多くなりそうな予感。



・・・

先生たちの贈る言葉のなかで
ひとつ印象的なものがあった。
作家の壇一雄さんの言葉から引用し
君たちの前途がどうぞ多難でありますように と
締めくくられていた。


私たち一人一人に命という
何の汚れも無い素材が与えられている

お前たちの
知恵と力の限りをつくして
ゆっくりと育成してみるがよい
傷つき敗れる度に
命の素材は
底光りを増すのである


ためらうな、恐れるな
悲しみを享楽できるほどの
命を鍛治して
自分の人生に立ち向かってゆくがよい

お前たちの前途が
どうぞ多難でありますように
多難であるばあるほど
実りは大きい




まさに私自身の息子へ対する気持ちと同じだなぁと思い
とても感動してしまいました。

子どもたちが多難を乗り越え
輝いていく姿を見守っていきたいとそう思うのであります。
[PR]
Top▲ | by setsunailmare | 2008-03-03 00:06 | 日々
| ページトップ |
Skin by setsuna