Top
台北 PartⅡ
最終日の朝
朝粥でも食べに行こうと思って
ガイドブックに載っていたところへ
タクシーで出かけたのです

台北では 黄色い車はすべてタクシー。
初乗りが200円くらいで
台北の端から端まで行っても千円くらいだそうで
わたしたちも いろいろ乗ったけれど だいたい700円まででしたねぇ。。。


ガイドブックをみながら
なにかしら 運転手さんが言ってはるのだけれど
よくわからない
手つきからいくと ボンボンボンって感じで 女の人の体を指している
そして ニヤニヤしてるんです?

どうも そういう色街に近いところにお粥の店があるのだなぁと 思っていたら・・・



おろされて 細い路地を指差されたところが
なんとも 早朝にもかかわらず
いや 早朝だからか うさんくさい・・

明らかに夜の街 の 朝の風景
どんより黒い 路地裏で 煙草をすってるおっちゃんやおばちゃんの声がひびいて
こわくて入れないので
少しだけ ひろい道から行ってみたけど
行った先の路地がまた もっとすごくて
ごみだらけ で
やっぱり あの夜市みたいな臭いもしてるし
 もう わけわかなんない。。。
そして 粥やさんも無い。

これは違うなぁと 思いつつ
誰かに聞くのも怖いので
ともかく 娘をかばいながら 大きい道までなんとか 戻って。

目印を探して地図をみたら
おっちゃん! まったく反対の路地でおろしてくれたみたい

大きな道の反対側の その向こうの少し綺麗な通りのほうやったやん。。。

   (詳しくは後で追記)

なんとか 親切なおじさんに教えられらながらたどり着いた粥やさんだけど
なんだか食べる気も失せて

早々に引き揚げてきて
ホテルの近くのスタバで・・・

カフェラテをのんだら ほっと一息。


たまたま巡りあわせが 悪かっただけだけど
こういうことが その国の印象を変えますね。

ガイドブックも 良し悪し。
お店がすごく 綺麗に見える・・・し
(実際のところが 汚かったわけでも まずかったわけでもないけど)



・・・


b0106627_1620743.jpg
b0106627_16202176.jpg


行天宮 という 商売のかみさま のお寺。
お寺の前には こうして お供えものを売る屋台が必ずあるそうです。

そして
なかには おばちゃんたちが たっくさん。
みなさんなにかしら お祈りをして
そして
半月形の 赤いものを ふたつもって お願い事をして投げるんだそうです
表と裏 が出たら 願い事が叶う。。。


ちょっと 投げてみたかったなぁ・・・




もちろん 商売のかみさま なので
会社の名前と住所を言って 商売繁盛 をねがってきましたよ。
台湾の仏様 でも 日本のことまで めんどうみてくださるんでしょうか???

【追記】
[PR]
Top▲ | # by setsunailmare | 2013-10-02 16:09 | 日々 | Trackback | Comments(0)
台北
夏に娘と台北に行こうと思っていたのだけれど
どうも 日が合わなくて・・・

夏休み最後の頃になってしまいましたぁ。


台湾は日本とも縁の深いところ。。。
親日的でもあるし

今の中国には こわくてちょっと行けないし(食べ物とか)
ソウルはこの前も行ってきたところだから
ってことで 台北。

自然がいっぱいのところをめぐりたかったけど
まずは お安い台北市内のみのツアーで

・・・


b0106627_15342224.jpg


世界で3番目に高いビル(現在) 台北101
90階まで登るとさすがに高い。

中もほんとにきれいで
さすが! って 感じでしたが



b0106627_15361259.jpg


まずは 腹ごしらえ
鼎泰豐にて 小籠包をいただきました。
おいしかったぁ

野菜嫌い 香草嫌いの娘には
野菜の餃子とか が きつかったみたいだけど

初めて食べる? サンラータン とか 美味しかった。。。



b0106627_15412100.jpg
b0106627_15411344.jpg
b0106627_15412110.jpg


ちょっと街を散策
スーパマーケットで・・・

すべて漢字で書かれているのがおかしくて^^;
チョコレート は 巧克力

サービスは 服務
センターは 中心

トイレ は 洗手間

なんとなくわかるところが 楽しい♪


そして夜は士林の夜市へ出かけました。
お祭りの屋台がたくさん出てるところ
安くて美味しいっていう評判だったのだけど・・・

空港からのガイドさんの説明では
日本人には 衛生的な問題で あまり食べないほうがいいのではないかと
いうことだったのと

娘がちょっと 衛生的でないものにはあまり慣れていないので
観に行くだけってことで 出かけましたが・・・

b0106627_1548314.jpg


ともかく 臭いが凄かった。。。
ちょっと商店街の路地裏みたいな感じのところに入るので
まずは 下水の臭いがして
そして 屋台の食べ物のにおいが

八角? 五香粉? のような 中華香辛料のにおいが
油やら肉やらと混ざった風で

ちょっと風邪気味だった私にも少しきつくて・・・

また 美味しいけど香りがきついと有名な 臭豆腐(豆腐を発酵させたもの?) かな?
もう 臭いなぁと感じているので
臭 という 文字を見ただけで うっ となってしまう娘(笑)


今 調べてみたら
においのくささの度合い?でいくと 一番くさいのは
スウェーデンのシュールストレミング
日本のくさや よりも 臭くない
だいたい たくあん 程度の臭さだとか。。。

そうかなぁ? とか 思ったりしながらも
もう 鼻の中に八角やらの粉がくっついてる感じになってきて
早々に退散。

あっ  靴やら傘やらはとてもお安くて
楽しそうだったので
娘は 買ってました。

次の日は市内観光したりしたあと
夜の九份へ。

b0106627_1614013.jpg
b0106627_1615545.jpg


あの ジブリの映画
「千と千尋の神隠し」 に出てくる
湯婆々 の 茶屋 のモデルになったという茶屋があります。

雰囲気 そういう感じですよね。

ここでも ちょっと 裏通りに入ると
あの 昨夜の夜市のにおいが。。。
においに敏感ってわけでもないのに 
母娘 ともに 辟易。

ぶらぶらすると匂ってくるので(笑)
その湯婆々の茶屋で
中国茶をいただきました
美味しかった。。。
中国茶と お菓子。



*実は 九份がジブリの映画の舞台だという 公式な見解は ありません。
  少し名前があがっているのも 日本の温泉だったりします。
  さて 真相は?
  ともかく 風情のある町でした。
  もとは 金鉱のあった山 栄えた頃の面影があるのかしら??


b0106627_1651131.jpg


もうひとつ その夜も夜市にでかけたのですが
こちらは 比較的綺麗。
もちろん あの 例の臭いは してましたけどーーー

やっぱりここでも 安い靴 娘が選んでました。


家族で週末の夜に遊びにくるようなところだとか。
子どもの時から食べているから
いろんなものはほんとは美味しいんですよと ガイドさんの説明があったのだけれど

食文化って やっぱり 違うんだなぁって

たべてみたら きっと美味しいと思うんだけど。。。ねぇ
[PR]
Top▲ | # by setsunailmare | 2013-10-02 15:32 | 日々 | Trackback | Comments(0)
知床の岬に
知床の岬に
ハマナスの咲くころ~♪

なんて 歌いながら
北見に住んでいる長男に会いに行ってきました。

北見は 道東でも少し大きい町で
昔はハッカで有名だったとか・・・

今年から町おこしのため また ハッカの生産をしていると
先日のニュースでみました。


女満別空港に降り立ち
まずは 網走へ

b0106627_14565975.jpg
b0106627_1457980.jpg


お昼時だったので 監獄めし 食べてきました。
わりと美味しかったけどなぁ・・・

監獄って なんだかこわいところ っていうイメージがありました。
いまの刑務所とはまた違った感じのイメージもってたけど?
どうなんでしょ。
どう ちがうのかなぁと思いながら

観光して楽しむところではないようなぁ・・・
でもたくさんの人がいらしてましたよ。

・・・

b0106627_1457225.jpg


そしてサロマ湖
雨が降っていたので残念ですが
海と線一本で分かれている感じが 面白い。

北海しまえび が有名だそうで
長男が 8月に送ってくれて
口にいれると 潮の香りがブーンとして美味しかったなぁ。。。


・・・

b0106627_1515551.jpg
b0106627_15293.jpg


長男の家で一泊。
次の日は知床に向かう予定でしたが
なにしろ
奈良を襲った大雨の あの 台風が釧路の方を通過していたため
大雨。。。

景色は楽しめなかった。。。

オシンコシンの滝 だけ

そして 鮭といくらの親子丼。


美味しかったぁ・・・(*^^*)
のに 娘はなぜかふつうの親子丼食べてました
ほんと もったいない

夜は知床のホテルで一泊。
親子三人で泊まるなんて なんか久しぶりで面白い。

夕食も朝食も
海鮮たっぷりのバイキング

最近 少食をこころがけていたのになぁ
・・・

b0106627_1534694.jpg


そして・・・
台風一過の晴れの日

これはどうしても見たかった
北方領土の一部 国後島。

まずは 羅臼岳のふもとの 知床峠からの国後島。
綺麗に見えてました。

b0106627_154359.jpg


羅臼からの 国後島。

すぐそこに見えるのにねぇ・・・

領土問題って
奈良に住んでいる限りはほんとに
考えることなどほとんどない・・・
身近でなく 遠いものです。

でも 日本の果てまでくると ちょっとは考えてしまう。
いろんなこと・・・

・・・

b0106627_1575539.jpg


そして
とてもとてもきれいな景色の中を
初心者マーク(免許とりたて10日目!)の娘の運転で
ぶっ走りながら

たどりついたのは

b0106627_1574691.jpg


霧のない 摩周湖。

ほんとに綺麗でした
これが 摩周ブルー ってやつですか

この前 バイクで北海道一周した長男
なにしろ 雨男らしくって いつもカッパ姿でバイクに乗ってる・・・(笑)
何度来ても霧しか見たことないっていう先輩と 
この前も 霧を眺めて帰ったらしいんだけど
この日はほんとに 綺麗でした

ただ・・・
初めて観た時に霧が無かった 未婚の人は
どうも婚期が遅れるらしい という 噂が・・・

あやうし! 娘の婚期が・・・


帰ってから 夫が
「俺も 初めて行ったとき
 霧が無かったけど??」
と。

あんた 晩婚でしたやんかぁ!!

・・・
b0106627_15124632.jpg
b0106627_1513196.jpg
b0106627_15131280.jpg


阿寒湖

アイヌコタン

オンネトー湖

と ここは日本? みたいな名前のところをめぐって
夜には無事に北見到着。


・・・

地名などに想いを馳せたり
アイヌの話などもネットで調べたりして

いろんな想いが巡るけれど
なんとも うまく表せない感じなので
またあらためて 書く機会があればと 思いますが。。。


北の最果ての地
なんだかだ言いながら 学生時代も結局行けなかった
なぜか縁が無かったのでしょう。

この年になって 行くことになるとか
思ってもいなかったけれど。。。


今度は
バスかなにかで ゆっくり めぐってみたいなぁなんて
思いつつも

たぶん
二度とは訪れられないかなぁ・・・ ^^;
[PR]
Top▲ | # by setsunailmare | 2013-09-18 14:55 | 日々 | Trackback | Comments(0)
天空の白鷺
女子会三人の 夏のグルメツアーの ついでに
姫路城に立ち寄りました。

b0106627_17243767.jpg



ただいま 平成の大修理 中にて
天空の白鷺
というものができていました。


b0106627_17245878.jpg


傷みや汚れの激しくなった漆喰壁の塗り直しや、
屋根瓦の葺き直しを中心に、5年をかけて行う大規模な工事です。


この前の修理は わたしが生まれたころ・・・ 昭和の大修理で解体しての修理だったようです。


b0106627_17251450.jpg




そしてグルメなY子ちゃんの 案内による

一日目 おひるごはん

明石の卵焼き 今中

b0106627_14123122.jpg



本当は 近くの なんとかいうお店に行きたかったらしいが
お休みでしたぁ ^^;

・・・

夜は 赤穂 ピッツァのお店 さくらぐみ


b0106627_1432895.jpg

b0106627_143871.jpg


こちらは以前 駅前にあったときに
やっぱりY子ちゃんの案内で 訪れています。
相変わらず 美味しかったぁ・・・

ちょっと量が多くて食べきれないのが
もったいない


・・・

そして 2日目おひるは
みのお茶寮

b0106627_1433826.jpg

b0106627_1434855.jpg




とても美味しい2日間でございました。
思う存分おしゃべりもして(笑)

ストレス解消!
[PR]
Top▲ | # by setsunailmare | 2013-08-21 17:34 | 日々 | Trackback | Comments(0)
ラベンダー
b0106627_13293144.jpg


ずっと昔に ドラマ「北の国から」を観ていたときに
純と蛍のお母さん役だった いしだあゆみ が
ラベンダー畑で すわっている場面がありました。

あぁ 私もそこに行ってみたい
ずっとずっと 思っていました。

学生のころ みんな北海道一周の旅 に行っていたけど
バイトに明け暮れていて 結局行きませんでした。
20代は忙しく 子どもができたらどこへも行けず^^;

さて と 旅行に行けるようになった頃
北海道 は 一番行きたくない場所 になっていました。
時が流れて 赦せるようにはなっても
それでも近づきたくない場所だったけど。

なぜだか長男が就職したら札幌が赴任地になって

魔女の呪文がとけたように
行くことができました
[PR]
Top▲ | # by setsunailmare | 2013-07-23 13:30 | 日々 | Trackback | Comments(2)
| ページトップ |
Skin by setsuna